2017-03

久しぶりにドライブ。



富士山が雪かぶりまくりで白い山になっていました。

変えてもらったお薬がわりかしよく効いてくれて、多少なりともまともな生活が送れるようになりました。
遅れてやってきた安定期みたいな。
まあ安定期とやらもあと1カ月くらいしかないっぽいが。
確定申告も無事終わり、マダのヤツの仕事のほうも一段落したので(私の10倍は忙しい職場)、かるくドライブしてきました。
ドライブが久しぶりすぎる。
健康はありがたいですね。
まだまだ全身傷だらけではありますが、寝られるようになっただけありがたいですわ。



コストコに行って、フードコートで食べて、ベーグルとか買ってきました。
時間帯的にあんまり混んでなかった。
たまーに行くとたのしい。

ああそれから学資保険の検討にも。
保険の窓口で学資保険取り扱いなくて、死亡保険勧められたけど。
なんだかなあ。
死亡時の保障が欲しいわけじゃないんよ。
共働きだから片方が死んだら即路頭に迷うような生活してるわけじゃないし。
おちびさんが18歳のときにまとまったお金を、元本保証かつそれなりの割りの良さで運用できたらなと思ったんよ。
私もマダのヤツも大学出てるし、おちびさんが大学行きたがる可能性は高いんじゃないのかなと。
行かなきゃ行かないでいいけども。
銀行においてたって利率0に等しいし、株とかのリスクあり資産で学費を当て込むのは違うし。
でも死亡保障だったら、税理士会員とその配偶者が入れる団体保険に入った方が割りがいいんじゃないかなと思う。
よくパンフレット送ってこられるんですよ。そっちをきちんと調べたことないけども。
早めに結論を出さないとなあ。





たまに動悸がしてハァハァ言い出すので、無理せずのーんびり旅程で行きました。
途中お昼寝したり。
でも小田原で渋滞にはまってしまった。



最後は伊東マリンタウンで。
えらくキャンピングカーが多かったです。
流行ってるのかな車中泊。
マリンタウンはレストランもあるし、温泉も5:00~22:00だから泊まりやすいんだろうが。

突発的に検診。22週目。



そういえばホワイトデイ。

絶え間なく続く地獄のような全身の痒みと痛みに耐えかねて検診の日ではないけれど病院へ。
夜も全く眠れず泣いておりました。
しかし泣くと中の人がボコボコと動くこと動くこと。
分かるのかもしれんなあ。
申し訳ないとは思うんだけど、私も所詮はただの脆い人間でして、子どものためとあらばありとあらゆる苦痛に耐えることも厭わない母にはなれそうもなく。
そうしたら、検診日ではないけれど、週数的についでに検診しても大丈夫ですけれどということなので、検診もやってもらうことにしました。

おちびさんはいきなり検診なんていう展開が予想外だったらしく、油断しておまたが半開きでした。
下からみるエコーで、ちんまり見える例のブツ…しばらくして慌てて足を閉じて隠してましたが。
これ確定ですかね。
先生カルテにも入力してましたし。
多分突発的に検診じゃなけりゃ見せてくれなかったね。なんだかそんな気がする。
連れてきてくれたマダのヤツも一緒にエコー見てました。やっぱりなという反応。
私の苦しみをよそにすくすくと成長してました。
痒くても中にはあんまり影響しないのかもしれない。
推定体重522g。ペットボトル一本分か。
飲み薬が皮膚には効いてる感じがしないということで、お薬を一部変えてもらいました。
これが効くといいけれど。
ちなみにネオマレルミン飲んでも眠気出ないですか?全然眠くない?って聞かれました。
全然眠くなりません。
痒すぎるせいかな。
むしろ安眠させてくださいといった感じですが。

お薬を取りに行く。



21週目に突入しました。
ここで折り返しなのだという。前半戦はツライ思い出しかないが。

処方のお薬がなくなったので、お散歩がてらもらいに行ってきました。
急に1週間くらいの休診が決まってしまって次回の予約を変更になったんですが、受付でひたすら謝罪されてしまいました。
いやいや全然かまわないんですが。
医療過疎地なこのへんで、妊婦さんを一手に引き受けて先生ひとりで切り盛りするのものすごーく大変だろうしなあと思うので。
一応自分もジャンルは別だけど先生のはしくれやっているので、大変さはなんとなく想像できる。
たぶんその想像のはるか上を行くのだろうが。
ちなみに、もしその間に万が一のことがあったらどうしたらいいのか聞いてみたら、峠を越えて車で2時間くらいかかる他の病院2か所に話をつけてあるのでそこに回されるという。ひぇええ。
まあその万が一はないとは思うけど。
おちびさんはなにがなんでも7月まで腹の中に居座る気まんまんのようだし。
でも念のため、神頼みしておくぬかりのないわたくし。
安産祈願行ってないしなあ。代理で母は行ったみたいだけれど。

ビスクとサムゲタン。



4か月も仕事中以外は寝たきりの生活していたので、体力がないというか筋力が落ちたというか。
厚着しても、あったかくしても寒いのなんのって。
スープとかありがたいですほんとに。


焼き肉ミーティング。





20週目の半ばに入ってようやくつわりがほとんど消失したので、やっとこ焼肉に行ってきました。
マダのヤツの誕生日祝いと結婚記念日祝いに「いつになってもいいから焼き肉がいい」と言われていたので、延期に延期を重ねてこんな時期になってしまいました。
お肉が美味しく食べられるしあわせ。
健康って大事ね。
つわり、じょじょに食べられるものが広がっていったけど、最後まで肉がだめで。
正直に言うと今でもローストビーフとか生ハム系はヴォエの対象です。
生肉は食べちゃダメらしいので問題ないどころか好都合ですけれども。

いまネックになっているのが、資格の問題。
税理士資格は、必ずどこぞの会に所属して年会費を支払わないといけないのですが、所属税理士だろうが妊婦だろうが産休育休取りたかろうがおかまいなしで会費は免除されないのだそうで。
安定期に入ったら動けるかと思いきや思った以上につわりが長引いてしんどいし、状況が状況ならそのまま籍を置いておいてもらっても構わないと今の事務所にてありがたい言葉をいただいていたので、しばらくのんびり産休扱いもいいかなーとか思っていたんだけれど。
それでも決して安くはない資格維持費がかかるということで。
うちのボスからも本会に電話したみたいなんだけれど、「まあ、男社会ですので…」で一切妥協なし。
まあ確かに女で税理士でがそもそも少ない。少ないうえに、妊婦やるような20~30代の税理士はもーーーっと少ない。
マイナーなのは自覚している、けど。
「政府の推進する女性の活躍を税理士会でも推進するために~」とか言って、妙なアンケートよこすくらいだったらこういうところから活動しやすさを支援してほしいものですが。
まあぶちぶちそんなことをひととおり職場でも言いました。
しかしそのままでは話が進まないのでどうしようかなと。
思い切って、産む前に開業準備してしまって(開店休業状態だけど)看板料として割り切るか、いまの所属で会費を払って維持費として割り切るか。
そんなことを肉を焼き焼き、ノートにつらつらと書き連ねて。
とりあえず一定のプランをまとめました。
予定は予定で体調が最優先になるけれども。
いろんな人の手を借りることになるけれども。
ぼちぼち、行くことにします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

いらっしゃいませ。

プロフィール

Author:ぽに。
誕生日:2月24日
血液型:A
いろいろとフラグを立ててます。

結構てきとうな更新です。
いつも見てくださってどうもありがとうございます。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

鯉と金魚にエサを。

クリックでエサをあげられます

何日目?